【公開中】アメブロ開始4ヶ月・わずか20記事でも毎月5万PVで安定する「資産記事」手法はこちら ⇒
画像の使い方

【間違え注意】アメブロで使える画像の種類・拡張子はJPEG・PNG・GIFどれが正解?

アメブロで使える画像の拡張子はJPEG・PNG・GIFどれがいい?

この記事の特徴

重要度 3.0
難易度 1.0
備考 アメブロの軽量化に関係があり、読者の離脱を防ぐことにつながります。記事に画像を載せる時に気にするようにしましょう。

 

くますけ
アメブロで画像を使う時、ファイル形式は何を選べばいいのかなぁ?
あめっくま
画像によって適切なファイル形式(拡張子)が変わるよ。

この記事ではアメブロで使える画像の拡張子の正しい使い方を解説します。

アメブロで使える画像の種類(拡張子)は、次の3つですよね。

実はそれぞれ向き・不向きの画像があります。

種類を間違えると画像のデータ量が大きくなり、読者側の表示が遅くなることも・・・

表示が遅い記事は読まれる前に離脱されることが多いので、画像にあった種類・拡張子を正しく使いましょう

あめっくま
読まれる前の離脱を防ぐために大事です。

 

この記事を書いた人
  • アメブロで毎月収益7桁を達成
  • アメブロ集客・売上UPの指導多数
  • アメブロで資産記事を作り安定した集客を実現

 

アメブロたった20記事で5万PVの手法

アメブロで資産記事を作る方法はこちら ⇒

 

アメブロで使える画像の種類を使い分けよう

アメブロで使える3つの拡張子の違い・使い方を解説します。

 

写真は主にJPEG(ジェイペグ)

JPEGは拡張子が「.jpg」または「.jpeg」の画像ファイルです。

写真のような細かい映像を得意とし、景色・食べ物・植物・人などに向いています

アメブロの写真はJPEG

逆にイラストや文字などはJPEGにするとノイズが入ることもあるので、その場合はPNGにしておくといいです。

ここがポイント

風景・人などの写真はJPEGがおすすめ

もちろん自分で撮った写真を使うことが大事ですが、無料で使える著作権フリーの写真素材サイトも便利ですね。

【アメブロの画像に便利】写真を著作権フリーで使用できる無料素材サイト
アメブロ記事に写真画像を載せる場合に、著作権フリー・無料・転載自由・引用不要で使用できる写真素材サイトを一気に紹介します。自分で撮った写真を使うのは大事ですが、素材サイトもかなり使えるので便利ですよ。

 

イラストや図解は主にPING(ピング)

PINGは拡張子が「.png」の画像ファイルです。

イラストや文字を得意としています

高画質な写真もOKですがJPEGより重くなり、逆にイラストはPINGの方が軽くなることが多いです。

アメブロのイラストはPING

イラストや文字で図解を作って、読者に分かりやすく伝えるのは大事ですよね。

そういう時はPINGで保存してアメブロに載せましょう。

ここがポイント

イラストはPINGがおすすめ

【補足】PINGは透過処理できる

PINGは背景を透明化でき、他の画像と重ねることができます。(JPEGでは不可)

背景画像を用意して、その上に透過処理したイラストを載せればオリジナル感のあるデザインとなりますね。

透過をする場合は、「remove bg」で簡単にできますよ。

あめっくま
オリジナル画像にもぜひチャレンジしてみましょう。

 

GIF(ジフ)

JPEGやPINGと比べると表現できる色が少ないので、簡易的なアイコンなどに向いています。

簡単なアニメーションを作れるのが特徴で、動くイラストを使う時にも利用されます。

アメブロでGIFアニメーションも可能

複数枚のGIF画像を用意して、パラパラ漫画と同じ仕組みです

ここがポイント

GIFは簡単なアニメーションができる

 

JPEG・PINGの変換は?

もちろん画像の変換もできます。

例えばPNGの写真だったら、JPEGに変換して軽くした方が読者に優しいですね。

I love IMG」で簡単に変換できます。

あめっくま
画像の内容に合った拡張子を使いましょう。

 

アメブロで画像の上手な活用法

写真活用のアイデア
  • 画像を入れると読者が読みやすくなる
  • アイキャッチに使ってサムネイルに表示
  • ヘッダー背景に利用してオリジナル感を出す

文字ばかりの記事では読みにくく、最後まで読んでくれる読者は少ないです。

画像を記事内に適度に入れていくのが大事ですよね。

くますけ
文字ばかりの記事は読みずらいよね・・・

 

アイキャッチ・カバー画像に使う

アメブロは記事一番上の画像がサムネイル画像として使われます。

そこで、記事の最初にアイキャッチ(カバー)画像として配置するのがおすすめ

サムネイル画像を思い通りに決めることで、読者がクリックしやすくなります。

アクセス数UPにつながる大事な画像の使い方ですね。

【効果絶大】アメブロ記事にアイキャッチ・カバー画像を入れよう!設定方法も解説
この記事ではアメブロにアイキャッチ画像・カバー画像を設定する方法と効果を解説します。カバー画像を設定すれば様々な場所で表示されるので、読者のクリック率が上がります。ブログ集客のポイントになるので、記事に入れておきましょう。

 

アメブロで画像利用時の注意点

画像利用時の注意点
  • 画像に合わせた拡張子を使う
  • 画像は軽量化してアップロードする
  • 記事に貼った画像に代替テキストを入力する

アメブロはとても重いサイトで、特にスマホで見る時に容量の大きい画像があると表示に時間がかかります。

表示まで時間がかかるとイライラしますよね。あなたのブログの読者も同じです。

アメブロは画像を軽量化して載せること

画像に合っていない拡張子を使うと表示が遅くなり、読む前に離脱される可能性があります。

画像に最適な種類の拡張子を使い、重くなるのを防ぐのが大事ということですね。

ここがポイント

画像に合った拡張子を使う

 

サイズ調整と圧縮が重要

さらにアメブロの画面サイズに合わせて画像を小さくし圧縮することで、容量を10分の1以下にすることも可能です。

アメブロは画像の軽量化が大事

画像を軽くすることで読者側の表示が何倍も速くなり、離脱を防止できます。

アメブロが重いを1分で改善!最適な画像サイズや大きさと容量を軽くする方法
この記事ではアメブロ記事での画像の最適サイズや大きさ、容量を小さくする方法を解説します。画像や図解で読者に分かりやすくすることは大事ですが、アメブロはかなり重いサイトなので事前に画像を軽くしてからアップロードする必要がありますよね。具体的な方法と重い画像が与える影響も紹介します。
くますけ
画像を軽くしないと悪影響が出ちゃうんだよね・・・・

 

代替テキストで有利にしよう

代替テキストは画像が表示されない時や、検索エンジンの画像検索に使われます。

代替テキストを入れると有利

検索エンジンからのアクセス数が有利になるので、入力を忘れないようにしましょう。

【10秒で改善】アメブロの画像には代替テキスト(alt属性)を入力しておこう
アメブロ記事に載せる画像に代替テキスト(alt属性)を載せる方法を解説します。画像で分かりやすくするのは大事ですが、代替テキストを入れていないと、画像が見れない時に内容が伝わりません。仕組みや効果的な活用法を解説します。
あめっくま
画像に代替テキストを入れると、アクセスUPに役立ちますね。

コメント