【公開中】アメブロ開始4ヶ月・わずか20記事でも毎月5万PVで安定する「資産記事」手法はこちら ⇒
アクセス・集客

アメブロでのフォームメーラーの使い方・設置方法

アメブロでのフォームメーラーの使い方・設置方法

この記事の特徴

重要度 3.0
難易度 3.0

  

この記事では、アメブロにフォームメーラーを設置する方法・収益UPの活用法を紹介します。

  

フォームメーラーを使うと、下記のような「お申し込みフォーム」を簡単に作れます。(デモページはこちら

フォームメーラーのデモ

集客・収益UPには、分かりやすい「申し込みフォーム」が欠かせませんよね。

  

もちろん「お問い合わせ」用のフォームでもOK(デモページはこちら

フォームメーラーのデモ

質問だけではなく、お仕事の受付にも使えますね。

 

無料プランでも豊富な機能を使えるので、フォームメーラーを利用する人も多いです。

ですが収益を上げるためには、「設置のコツ」「注意点」も重要!

詳しく解説しているので、確認して下さいね。  

  

くますけ
くますけ

本格的なフォームが作れるんだね!

あめっくま
あめっくま

アメブロでも簡単に設置できるよ。

  

なおフォームの用途によっては、明らかに他社の方が便利な人もいます。

フォームメーラー設置の前に、「アメブロ向けのお申し込み・お問い合わせフォーム」からピッタリなものを選びましょう!

 

この記事を書いた人
  • アメブロで毎月収益7桁を達成
  • アメブロ集客・売上UPの指導多数
  • アメブロで資産記事を作り安定した集客を実現

 

アメブロたった20記事で5万PVの手法

アメブロで資産記事を作る方法はこちら ⇒

ついに登場!アメトピ攻略法

アメトピ採用率UPのテクニックはこちら ⇒

 

フォームメーラーの使い方

フォームメーラーとは何?

アメブロに「フォームメーラー」を設置するまでの流れを解説しますね。

今回は下記の「お申し込みフォーム」「お問い合わせフォーム」の作成を目標とします。

  

事前にアカウント登録・ログインを済ませておきましょう。

\ 無料で複数+簡単! /

  

  

フォームの作成

最初にフォーム一覧ページから、右上の「一般フォームを作成」を選びます

フォームメーラーの使い方・設置方法①

  

管理用の名前を付けられるので、自由に決めて保存して下さい。(「テンプレートを使う」を選択すると楽チンなので推奨)

フォームメーラーの使い方・設置方法②

  

下記のように、新しくフォームのベースが作成されます。「入力項目編集」をクリックしましょう。

フォームメーラーの使い方・設置方法③

  

左側が追加できる項目、右側が現在のフォームですね。テンプレートを選択していると、下記のように既に初期値が作られています。

フォームメーラーの使い方・設置方法④

   

あめっくま
あめっくま

このテンプレートを基に編集します。

  

  

不要項目の削除

まずは下記のように不要な項目を選択して、✖印クリックで削除しましょう

フォームメーラーの使い方・設置方法⑤

   

あめっくま
あめっくま

削除した項目でも、後から追加できます。

  

  

項目の追加

続いて左側から追加したい項目を選んで、右側へ移動します

フォームメーラーの使い方・設置方法⑥

  

フォームの目的によって、追加する項目は下記のように異なります。

  • お問い合わせフォーム
    ⇒ テキストエリアで質問入力欄にする
  • お申し込みフォーム
    ⇒ラジオボタンやチェックボックスで選択肢を作るといい

  

お問い合わせフォームなら、名前・メールアドレス・お問い合わせ欄の3つは必須となりますね。

  

なお、無料プランの上限7項目まで

お申し込みフォームでは、住所や電話番号など項目が多くなりやすいので注意。

どうしても足りない場合は有料プランにするか、「おすすめの無料お申し込みフォーム」から他社サービスを検討しましょう。

  

あめっくま
あめっくま

本当に必要な項目に絞って下さいね。

   

  

項目の編集

下記のように各項目を選ぶと、細かい編集ができます。

フォームメーラーの使い方・設置方法⑦

特に必須項目の設定が重要です。

【注意】
必須項目にしないと、空白でも送信できる状態となります。

   

あめっくま
あめっくま

各項目のおすすめ設定を紹介しますね。

   

名前

名前を「必須項目」に変更して保存します。項目名を「ニックネーム」などにしてもOK。

フォームメーラーの使い方・設置方法⑧

なおニックネームにする場合は入力欄は1つで十分なので、「テキストフィールド」を使うのがおすすめです。

   

メールアドレス

メールアドレスの項目は、お問い合わせが来た後の返信メールにも使うので重要です。

下記の4か所にチェックを入れましょう!

フォームメーラーの使い方・設置方法⑨

読者が内容を送信した後に「自動返信メール」が来ると、送信ができたことが伝わりますよね。

また管理者宛メールに設定しておくと、問い合わせが来た時にすぐ返信できます。

  

あめっくま
あめっくま

メールの設定は後半で紹介しています。

  

お問い合わせ・入力欄

テキストエリア」を使って、お問い合わせ・質問用の項目にします。

お問い合わせフォーム用なら項目名を「お問い合わせ内容」にして必須項目に変更しましょう。

お申し込みフォーム用なら、必須項目にする必要はありません。項目名は「ご質問等がありましたらご記入下さい」などでOK。

フォームメーラーの使い方・設置方法⑩

サイズを変更して入力欄が大きくすると、記入しやすいのでお好みで。(横70・行10程度が個人的におすすめ)

  

ラジオボタンやチェックリストで選択肢を設定

お申し込み講座などが複数ある場合には、ラジオボタン・チェックボックス・リストなどを使って選択欄を作りましょう

下記のように改行ごとに選択肢が増えていきます。

フォームメーラーの使い方・設置方法⑪ラジオボタン・チェックリスト・選択肢

項目名や必須項目も忘れずに設定しましょう。

 

【補足】
複数選択を可能にしたい場合は、チェックボックスを選びましょう。ラジオボタンでは不可です。

  

  

フォームの基礎が完成

この段階で、下記のフォームができました。項目などの参考にして下さいね。

フォームメーラーの使い方・設置方法⑫

  

続いて、メールやデザインなどの設定に進みましょう。

  

あめっくま
あめっくま

この後の設定が重要です。

  

  

定員や予約制限・確認画面・サンクスページの設定

続いてフォームの環境を設定します。

下記のように、「環境設定」をクリックして下さい。

フォームメーラーの定員・予約制限・確認画面・サンクスページ

  

公開設定・予約期限・人数制限

すると「公開設定」の画面に進みます。

下記のように、PC・スマホ・携帯の3つを全て「公開する」に変更して下さい。

フォームメーラーの定員・予約制限

  

予約期限や人数制限のある場合なら、受付期間や定員を事前に設定できます

例えば「〇月△日以降は申し込み不可」・「△人目からは申し込み不可」にするなど。

必要に応じて、利用しましょう。

   

  

確認画面・サンクスページ

続いて、各種画面設定に進みます。

下記が推奨設定となります。

フォームメーラーの確認画面・サンクスページの設定

   

「入力画面設定」では、「当サイトを利用する」を選びましょう。「外部サイトに設置する」は、アメブロの禁止コードを使うので利用できません。

  

確認画面を表示

「入力内容確認画面設定」は、「表示する」を選びましょう

フォームメーラーの確認画面の設定

   

読者がフォーム送信前に、記入内容を最終確認する下記のページのこと。

フォームメーラーの確認画面の設定②

 

あめっくま
あめっくま

確認ページを表示しておくと親切ですね。

   

完了画面設定・サンクスページ

確認画面で送信した後、最後に表示される下記の「サンクスページ」のことですね。

フォームメーラーのサンクスページの設定①

   

画面に出るメッセージと、「戻る」をクリックした先のURLを設定できます。

下記のように設定しておくといいでしょう。

フォームメーラーのサンクスページの設定②

ブログのTOPページなどを戻り先にしておくといいですね。

   

なおリダイレクト先のURLを設定すると、フォームメーラーのサンクスページが非表示となります。

自分のブログ内にサンクスページを別途作成して、誘導できるということですね。

  

あめっくま
あめっくま

完了メッセージは文章を多く書けるので、丁寧に書いてもいいでしょう。

  

  

通知設定

お申し込みやお問い合わせが来た場合に、通知で知らせる設定を行いましょう。

下記のように、設定するのがおすすめ。

フォームメーラーの通知設定①

 

「送信先アドレス」を投稿者のアドレスに設定すると、返信時にメールアドレスを入力する必要がなくなります。

  

件名は通知メールのタイトルのこと。あなた自身がパッと見て分かるようにすればOK。

例えば「〇月△日の講座に申し込みが入りました」など。

  

「回答内容の記載」を本文に記載すると、通知メールでお申し込み内容などがすべて分かります。

フォームメーラーを立ち上げて確認する必要がなくなりますね。

  

投稿者のIPアドレス取得して、フィルタリングで投稿禁止IPに設定することもできます。

いたずら防止など困った場合の対処も可能ですね。お好みでどうぞ。

  

あめっくま
あめっくま

通知メールでサクッと内容を確認できるようにしておきましょう。

  

  

自動返信メールの設定

自動返信メールとは、フォームの送信完了後に読者に送られるメールのこと。

下記のように設定するのがおすすめです。

フォームメーラーの自動返信メールの設定①

 

以下自動返信メールの本文の例です。お好みに変更して使って下さい。

***このメールシステムからの自動返信です***

○○様

この度は、お申し込みありがとうございます。

内容確認の上、1営業以内に折り返しご連絡いたします。

しばらくお待ち下さい。

********************************************
アメブロメーカー
運営者:あめっくま
E-mail:メールアドレス
URL:https://ameblo.jp/ame-maker/
********************************************

【補足】
置換文字を使うことでフォームの入力内容を本文に組み込むことが可能です。上記の場合は「○○」の部分に置換文字を入れて、入力された名前を自動で引用しています。「置換文字挿入」をクリックして、自由に組み込んで下さいね。

  

ちなみに「回答内容の記載」に本文を含めると、読者がフォームで入力した内容が掲載されます。読者に分かりやすいですね。

差出人アドレスは「フォームメーラー」のアドレスとなりますが、「独自のアドレス」を設定することも可能です。お好みでどうぞ。

   

あめっくま
あめっくま

自動返信メールは置換文字を使って、自動で名前などが入るようにするのがおすすめです。

  

  

フォームメーラーのデザインを変更

フォームメーラーでは、デザインのカスタマイズが簡単にできます。

下記のように、「画面確認・デザイン変更」のタブから「デザイン一覧」をクリックして下さい。

フォームメーラーのデザイン・カスタマイズ①

 

すると、複数のデザインから選べるようになっています。

フォームメーラーのデザイン・カスタマイズ②

  

お好みのデザインにカスタマイズして下さい。

なお、スマホ用にレスポンシブデザインとなっているので安心ですね。

  

あめっくま
あめっくま

最後にブログに設置して完成です!

  

  

フォームメーラーの貼り方

設置方法は下記の4通りあります。

  • リンクでフォームへ誘導
  • QRコードから誘導
  • iframeのコードを埋め込み
  • HTMLコードで埋め込み

 

アメブロで利用できるのは、フォームのリンクを貼って誘導すること。

iframeとHTMLは禁止コードが含まれるので、アメブロでは利用できません。

   

下記のように、「コード表示」のタブを選んで作成したフォームのURLを表示します。

フォームメーラーの貼り方①

 

このURLをアメブロのリンク先に設定すればOK。 

フォームメーラーの貼り方②

 

下記のように、リンクで誘導するということですね。

「お申し込みフォーム」の見本はこちら

「お問い合わせフォーム」の見本はこちら

  

これで基本的な設置は完了です。

  

ただし・・・

このままでは読者のクリック率は上がらないので、フォームからの申し込みは増えません。

収益UPのためには、フォームがクリックされる工夫が重要です

 

くますけ
くますけ

クリックされないフォームを設置しても意味ないよね・・・

あめっくま
あめっくま

フォーム設置時の注意点や工夫できる点を確認しよう。

  

\ 無料で複数+簡単! /

  

  

フォーム設置時の注意点

特に大事な注意点は下記の3つです。

  1. 必ず記事内に設置する
  2. 自動返信メールを確認する
  3. 保存が必要ならダウンロードしておく

  

あめっくま
あめっくま

順番に解説しますね。

   

①必ず記事内に設置する

最近ではブログをスマホで見る読者の方が多いですよね。

アメブロの場合にサイドバーやヘッダーメニューのみに設置するとスマホでは見れないので、フォームの意味がありません。

 

スマホの読者に知らせるには、アメブロでは記事本文に設置するのがベスト。

例えば記事本文の最後の方に設置するなど、工夫をしておきましょう。

  

あめっくま
あめっくま

フォームをサイドバーやヘッダーメニューだけに設置するのはNGです・・・

  

  

②自動返信メールが正常に来るか確認する

読者がフォームから送信した時に自動返信メールが届かないと、内容が届いたのか不安になりますよね。

自動返信メールに読者の記入内容を表示すると、送信内容も確認できるので親切ですね。

  

逆に自動返信メールがこない状況は、非常にマズいです・・・

事前に自動返信メールが来るか、確認しましょう

   

あめっくま
あめっくま

フォームメーラーを設置したら、必ず確認しておきましょう。

  

  

③保存が必要ならダウンロードしておく

フォームメーラーの無料プランでは、保存期限は6か月間です。(有料プランも保存期間は別途有)

期限を超えると、過去の問い合わせ内容が見れなくなる点に注意して下さい。

  

保存が必要な場合には、必ずダウンロードしておきましょう

レポートからCSVをダウンロードできます。

   

あめっくま
あめっくま

エクセルやスプレッドシートなどで管理しておけばOKですね。

   

  

フォームメーラー設置のコツ

単に「お申し込みフォーム」へのリンクを貼るだけでは、ハッキリ言って読者からの申し込みは増えません・・・

  

あめっくま
あめっくま

読者にクリックさせる工夫が重要です。

   

①画像リンクやボタンを利用する 

フォームの存在を分かりやすくするために、画像リンクやボタンを利用しましょう

テキストリンクでも可能ですが、目立たないのが理由です・・・

  

くますけ
くますけ

バナーやボタンを使うのは基本だよね。

  

例えば画像リンクなら、下記のようなバナーを用意してリンク先をフォームのURLにすればOK。(クリックするとデモ用のフォームに飛びます)

記事下やサイドバーなどに設置すると、かなり目立ちますね。読者からのコンタクトを増やせます。

  

なおアメブロでの画像リンク・バナーの設置方法や具体的な活用法は、下記の記事で紹介しています。

  

ボタンなら、当サイトで紹介しているアメブロ用の「申し込みボタン」「お問い合わせボタン」が便利。(クリックするとデモ用のフォームに飛びます)

   

下記の記事で、素材を紹介しているので活用して下さいね。

  

画像リンクやボタンを記事本文やサイドバーに配置して、リンク先をフォームに設定しましょう。

   

あめっくま
あめっくま

テキストリンクだけでは、チョット厳しいです・・・読者のクリック率を上げる工夫が欠かせませんね。

  

  

②吹き出しや囲み枠の中に入れる

アメブロでもアイコンつきの吹き出しが使えるようになったので、利用者が急増していますよね。

吹き出しは目立ちやすく、アイコン+名前付きなので読者に覚えてもらえるのがメリット。

さらに会話する雰囲気が出るので、読者が目を留めやすいです。

  

下記のように、吹き出しの中に「申し込みフォーム」へのリンクを設置するとクリック率を伸ばせます。

ここに名前

こちら講座は人気のため、定員まで残りわずかです。
ご希望の方は、こちらの申し込みページからお早めに。

 

アメブロでの吹き出しの使い方は、下記の記事で解説しています。

  

古典的ですが、「囲み枠」の中に入れる手法もよく使われますよね。

アメブロ用の囲み枠素材」は、下記の記事で紹介しているので活用して下さい。

  

あめっくま
あめっくま

特に吹き出しの効果は絶大です!

  

  

③記入項目は最低限にする

お問い合わせフォームの場合、読者に記入してもらう項目は最低限にしておきましょう。

項目数が多ければ、申し込み・問い合わせを面倒に感じますよね。

  

単に問い合わせ用なら、個人情報の項目も最低限でOK

ただし下記の3項目の入力欄は、入力必須項目にしておきましょう。

  • ニックネーム
    ( 本名である必要性は低い)
  • メールアドレス
    (返信時に必要)
  • お問い合わせ内容

  

もちろん必要な項目は、ブログや用途によって違います。

「申し込みフォーム」なら、住所や電話番号など項目が増える場合もありますよね。

フォームメーラーの無料プランは7項目の制限があるので、必要な項目を絞り込みましょう。

  

あめっくま
あめっくま

フォームの用途によっても項目数は変わりますね。

\ 無料で複数+簡単! /