【公開中】アメブロ開始4ヶ月・わずか20記事でも毎月5万PVで安定する「資産記事」手法はこちら ⇒

【アメブロ集客コンサル】お申し込みフォーム

【例】https://ameblo.jp/ame-maker/

PayPalは世界で3億人以上が利用する簡単・安全な決済・送金サービス。クレジットカード・デビットカード・口座振替を利用可。個人情報が支払相手に伝わらないので安心して利用できます。クレジットカードはVisa・MasterCard・JCB・American Express、口座振替はみずほ・三井住友・三菱UFJ・ゆうちょ・りそな・埼玉りそな銀行を利用できます。

第1条(業務委託の内容)
1 本コンサルメニュー委託者は、ブログ運営・記事作成等のブログコンサルティング業務(以下「本件コンサルティング業務」という)を受託者に委託し、受託者はこれを受託し提供する。
2 本件コンサルティング業務では、委託者が提供するビジネス内容についてのコンサルは行わない。(例:占い業者がその占い技術についてコンサル依頼をする等)
3 委託者は、前項に基づく受託者による提案の採否は自らの責任で行うものとし、受託者は提案内容に関し、一切の保証および責任を負わないことを、委託者は確認する。

第2条(善管注意義務)
受託者は本件コンサルティング業務を委託者の依頼に従い、委託者の信用を傷つける行為その他不信用な行為を一切行わない。

第3条(契約期間)
本契約の有効期間は申込日からコンサル業務実施日までとする。但し、委託者が実施日までに本件コンサルティング業務の終了を希望する場合は速やかに受託者に連絡し、本契約を終了できるものとする。

第4条(報酬)
1 委託者は受託者に対し本件コンサルティング業務の報酬として、申し込み後速やかに受託者の指定する送金方法により支払うものとする。
(1) アメブロ集客コンサル60分コース:15,000円
(2) アメブロ集客コンサル90分コース:22,500円
(3) アメブロ集客コンサル120分コース:30,000円
(4) アメブロ集客コンサル60分×2回コース:28,000円
(5) アメブロ集客コンサル90分×2回コース:43,000円
(6) アメブロ集客コンサル120分×2回コース:58,000円
3 受託者は委託者からの支払後、速やかに本件コンサルティング業務を開始する。
4 委託者が返金を希望する場合は、支払後チャットワークの専用ルームの参加前までとし、返金を希望する場合は速やかに委託者に申し出ることとする。業務特性・情報漏洩の観点から、委託者がチャットワークの専用ルームへの参加した後は、受託者は一切の返金を受け付けないものとする。

第5条(機密保持)
1 委託者及び受託者は、互いに本契約に基づき知り得た相手方が機密と指定する情報を機密として保持しなければならない。ただし、次の各号に該当するものはこの限りではない。
(1) 相手方から開示された、又は知り得た時点で既に公知であったもの、又はその後自らの責めによらず公知になったもの。
(2) 相手方から開示された、又は知り得た時点で既に自らこれを保有しており、かつ、それを保有していたことを立証できるもの。
(3) 第三者から秘密保持義務を負うことなく適法且つ正当に入手・取得したもの。
(4) 法令の定めに基づき官公庁から開示を強制されたもの。
2 前項の規定は、本契約の終了後も有効に存続するものとする。

第6条(成果物)
1 委託者が本件コンサルティング業務遂行にあたり受託者に提供するデータ、委託者が保有する著作権、その他の知的財産権は、すべて委託者に属するものとする。
2 受託者は、第5条の機密保持条項に反しない限度で、委託者以外の第三者に対して成果物を提供する等して使用することができる。
3 受託者から提供された資料は、委託者のブログ運営活動に必要な範囲でのみ委託者は使用できる。

第7条(第三者の権利侵害)
1 受託者は委託業務の実施にあたり、その成果物の作成方法について、第三者が有する特許権等の産業財産権、著作権及びその他一切の権利にも抵触しないよう留意するとともに、万一抵触の問題が発生し、又は発生するおそれのある場合には、直ちにその旨を委託者に通知し、自己の責任と費用負担で当該問題を解決するものとし、それにより生じた委託者の損害を賠償するものとする。但し、当該問題が委託者の責に帰すべき事由に起因する場合は、この限りではない。
2 受託者は、成果物及び本契約に基づいて委託者に開示する情報について、これらが第三者が保有し、かつ受託者に対し開示・使用を禁じている機密情報に該当しないものであることを保証する。

第8条(契約解除)
委託者又は受託者において下記各号の一つにでも該当したときは、相手方は何らの催告なくして直ちに本契約を解除することができる。 なお、この解除は損害賠償の請求を妨げない。
(1)本契約に違反したとき
(2)委託者からの支払いが行われない場合
(3)正当な事由にもかかわらず、受託者からの返金が行われない場合
(4)破産、民事再生、会社更生、特別清算等の手続き申立てを受けたとき、又は自ら申立てをしたとき
(5)その他各号に類する不信用な事実があるとき

第9条(情報漏洩)
以下に反した場合には、委託者は受託者に対し金1,000,000円を支払う義務が生じるものとする。その場合、委託者は受託者より請求後3日以内に受託者の指定する支払方法にて支払うこととする。
(1)委託者は受託者が有する著作権・提供する技術を他社に漏洩・提供してはならない。
(2)ブログコンサルを行うものが本件コンサルティング業務を委託することは固く禁止する。
(3)委託者が本件コンサルティング業務で知り得た内容を使って、新たにコンサルティング業務を行うことを禁止する。

第10条(暴排条項)
委託者及び受託者は相手方に対し、本契約締結以前及び本契約期間中において、次の各号に該当し、かつ各号を遵守することを表明し、保証し、誓約する。
(1)反社会的勢力(「暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律」に定義する暴力団及びそ の関係団体又はその構成員。総会屋、社会運動標榜ゴロ、政治活動標榜ゴロなど暴力、威力、脅迫的言辞や詐欺的手法を用いて不当な要求を行い、経済的利益を追求する団体もしくはその構成員又は個人。以下「反社会的勢力」という。)でないこと。
(2)主要な出資者、役職員又は実質的に経営に関与する者が反社会的勢力でないこと。
(3)反社会的勢力を利用しないこと。
(4)反社会的勢力に財産的利益又は便宜を供与しないこと。
(5)役員等が反社会的勢力と親密な交際や密接な関係がないこと。
(6)自ら又は第三者を利用して次の行為を行わないこと。
1 暴力的な要求行為 課法的な責任を超えた不当な要求行為
2 取引に関して、詐欺的手法を用いあるいは脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
3 風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて相手方の信用を毀損し、又は相手方の業務を妨害する行為
5 その他本号1から4に準ずる行為

第11条(紛争解決)
1 本契約に規定なき事項又は契約上の疑義については、両当事者間で誠意を持って協議決定ないしは 解決するものとする。
2 万が一協議の整わざる場合は、裁判の結果をもって解決するものとする。

 上記の遵守事項に同意します。